うつ病と診断されるまで「仕事を辞めたい」と言えなかった時の話

コミュニケーション

なんか体がだるいな…

やる気が起きない…

こんにちはToraです。

長時間労働、上司のパワハラ、ノルマへのプレッシャーから私は社会人1年目の終わりころに限界を迎えました。

心療内科にかかりながら何とか仕事を続けていましたが、もうボロボロでした。

何で頑張らないといけないんだろう。

もう休めば楽になるのに。

そもそもコミュ障に営業なんて無理だったんだ。

ここで逃げたら一生コミュ障だな。

もうそれでも良いかな。

仕事辞めたい。

でも辞めるのも怖い。

そんなことを毎日考えていました。

今振り返ると「あれ?なんかおかしいな」と思う症状がありましたが、気付いてあげることが出来ませんでした。

自分の心と体が悲鳴をあげているのにも関わらず、無理して続けると当然限界を迎えてしまいます。

私個人が「最初はこんな感じだったなー、その次はこの症状が・・・」と、その時感じた症状についてお伝えします。

鬱病を克服した話はこちら記事をご覧ください

この記事を読むことで

・私が鬱病になるまでの経過が分かります

うつ病と診断されるまで「仕事を辞めたい」と言えなかった

初期

・疲れが取れにくくなる

・軽い頭痛と倦怠感

・時々、不安な気持ちになる

・胃痛

初めの頃は「まあ仕事で疲れているだけか」と特に気にも留めてませんでした。

休日には大好きなゲームをすることでリフレッシュもできていました。

仕事頑張らないと!」

そればかり考えていました。

中期

・集中力が低下する

・ミスが増え始める

・頭痛がひどくなる

・しばしば不安な気持ちが強くなる

・眠りが浅くなる

・食欲が少し落ちてくる

この頃から明らかに身体的にも精神的も影響が出始めて、どんどんパフォーマンスも落ちていくのを実感していました。

「あれ?なんかおかしいかも」

この時点で思っていたのですが、「仕事を休んだら怒られる」「とりあえず売らないと」と仕事のことばかり考え、毎日働いていました。

この時点で「もう仕事辞めたい」と自分にブレーキをかけてあげられればもう少し楽だったと今になって思います。

末期→心療内科で鬱病と診断

・仕事に一切集中できなくなる

・楽しいという感情がなくなる

・食欲がなくなる

・味を感じにくくなる

・常に強い不安感、焦りに襲われる

・死にたいと思うようになる。

・頭痛が治らない

・眠れない

「辞めたい」「もう逃げたい」「辞めたら楽になるんだろうか」「死んでしまいたい」そんなことばかり考えていました。

布団に入ってもすぐには眠れず、毎日2〜3時間睡眠だったので身体的にも相当辛かったですし、このような状態では営業にもいけず、売り上げ0が続いていました。

あんなに大好きだったゲームもやりたいと思えなくなり、「楽しい」という感情だけ忘れてしまったような感覚でした。

「このままの状態で仕事を続けていたら死ぬ」と思うようになり、泣きながら親に「もう仕事辞めたい」と相談しました。

「病院行こう」

そこで初めて心療内科へ行き、鬱病と診断されました。

今振り返って思うこと

身体的にも精神的にも異変は必ずあります。

その小さな変化を見逃さず、「あれ?なんか変かもしれない」と思った時は絶対に誰かに相談して下さい。

また改めて書かせていただきたいと思いますが、私は治療しながら仕事を続けるという道を選び、結局社会人2年目もボロボロになりながら働くことになってしまいました。

あの時の選択が正しかったかは分かりません。

でもこれだけは言いたいです。

絶対に無理はしないでください

自分の体以上に大切な仕事なんてありません

誰かに相談して下さい

「もう辞めたい」という自分の気持ちに正直に向き合ってあげてください

人間関係で悩んでいる方はこちらの記事もご覧ください

休むことも辞めることも、恥ずかしいことなんかじゃない!

コメント