要注意!人間関係が上手くいかない人の5つの特徴とその解決方法!

コミュニケーション

人間関係が上手くいかない

どうすれば良いんだろう

こんにちはToraです。

人間関係の悩みは尽きないですよね…

心理学者のアドラーも「すべての悩みは対人関係」と言っています。

そんな人間関係が上手くいかない人の特徴と解決方法についてご紹介します!

この記事を読むことで

・人間関係が上手くいかない人の特徴が分かります

・解決方法が分かります。

人間関係が上手くいかない人の5つの特徴

・マイナス思考

・他人と比較してしまう

・怒りで相手をコントロールしてしまう

・自分と異なる考えを受け入れられない

・常に注目を浴びていたい

マイナス思考

ダウナー系コミュ障に多いです。

また失敗したらどうしよう

どうせ失敗するんだろうな…

マイナス思考になってしまうと行動も消極的になってしまうので、人とのコミュニケーションも避けるようになってしまいます。

また落ち込んでるよ…

いつもマイナス思考で落ち込んでいると、周りの人からも呆れられてしまいます。

他人と比較してしまう

あの人は上司に気に入られているから出世したんだ…

でも、あの人よりは自分の方がマシかな…

つい他人と比べてしまうんですよね…

容姿、仕事、年収、結婚など、比べる要素はいくらでもあります。

相手を一方的に評価して順位をつけることで相手とは上下の関係になってしまい、人間関係が上手くいきません。

怒りで相手をコントロールする

何か自分の意にそぐわないことがあるといきなり怒り出す人っていませんか?

自分が優位に立ちたいという心理が働き、相手を一方的に怒り続けます。

怒られている相手は心を開いてくれませんし、

あの人には近づかないようにしよう…

と、避けられてしまいます。

そもそも怒りで相手はコントロールできないんです。

自分と異なる考えを受け入れられない

相手が何かアイディアを出しても

いや、それは違うと思う!

こっちの方が正しい!

自分と異なる考えを受け入れない人は人間関係が上手くいきません。

あの人には何を言っても無駄

と思われてしまいます。

これでは人間関係は上手くいかないですよね…

常に注目を浴びていたい

常に注目を浴びていたい!

聞いてもいないのに自分のことばかり話す人がいますよね。

常に自分が会話の中心にいないと気が済まないので、相手が話していてもお構いなしです。

また始まったよ…

こんな調子だと相手がどんどん離れていきますよね。

どうやって解決するの?

建設的に考える

「どうせまた失敗する」

→なぜ前回は失敗したのか?

 →次に失敗しない為にはどうすれば良いのか?

クヨクヨしていないで建設的に考えることで前に進むことができます。

人は誰だって失敗します!

あなただけではないんです!

他人と違うことを認める

相手と自分の優劣をつけるのではなく、

「相手は相手」「自分は自分」とお互いを認めましょう!

誰だって完璧ではないですし、自分の欠点があっても人間としての価値が下がるわけではありませんよね。

例え自分と違う意見があったとしても、

そもそも違う人間なんだから色んな意見があって当然だ!

と思うと気持ちが楽になります!

相手の失敗も受け止める

「なんで失敗したの!?」と怒らずに「ではどうすれば上手くいくか考えよう」と冷静に相手に伝えることが大事です。

怒りで相手をコントロールしようとすればするほど人は離れていきますので、怒りたい気持ちをぐっと堪えて、相手の失敗も受け止めましょう!

自分の話をする前に相手の話を聞く

人は自分の話を聞いてもらえると嬉しいんですよね!

だからそれを相手にもしてあげるんです。

相手の話を聞く為には相手の関心に関心を持つようにしましょう!

聞き上手になる為にはこちらの記事もご覧ください!

コミュ障は聞き上手になろう!ポイントは「相手の関心に関心を持つ」
コミュニケーションの入り口は相手に関心を持つことだと思います。さらに相手と深くコミュニケーションを取るには「相手の関心に関心を持つ」ということがポイントです。

自分を大きく見せない

自分を大きく見せよう、良く見せようとしてしまいがちです。

それよりも等身大の自分で相手と接した方が人間関係は確実に上手くいきます。

無理をして相手に接する必要はないですし、相手の価値観に合わせる必要もありません。

人間関係で悩んで仕事を辞めたいと思っている方はこちらの記事をご覧ください

相手は変えられない!自分が変わろう!

コメント