もう仕事辞めたい…パワハラで心を痛める前に実践すべき5つの対処法

人間関係

上司のパワハラに耐えられない。もう仕事辞めたいよ・・・

こんにちはToraです。

パワハラって本当に嫌ですよね・・・。

私もパワハラ上司の元で新卒から5年間働いていましたが本当に辛かったです。

なんでいつも怒られるんだろう・・・

社外だけじゃなくて社内でも辛い思いをするのは嫌だ・・・

もう辞めたい・・・

と毎日思っていました。

そんなこともあって鬱病になってしまったんですが・・・。

私が鬱病になった時の記事はこちらです

うつ病と診断されるまで「仕事を辞めたい」と言えなかった時の話
「あれ?これって鬱病かも」と気付くのは難しく、つい「仕事の疲れ」で片付けてしまう事も多いと思います。本気で仕事を辞めたいという自分の気持ちに蓋をし続けた結果、うつ病に至るまでの症状について紹介します。

パワハラ経験5年の私がパワハラ上司と接しても自分の心を痛めない対策についてご紹介します!

この記事を読むことで

・パワハラ上司への対応策が分かります

・パワハラ上司と接してもいつもより気持ちが楽になります

もう仕事辞めたい…パワハラで心を痛める前に実践すべき5つの対処法

パワハラなんてその上司よりもさらに上の人に言えばOKでしょ?

確かにそれも一つの解決策です。

でも会社によってはその方法が取れないケースもあります。

実際に私の例を挙げると、

係長:パワハラ

所長:もっと酷いパワハラ

部長:人の皮を被った悪魔

こんな人たちだったのでお手上げ状態でした。

もう辞めたい…なんて言ったら怒られる。我慢しよう!

社会人1年目ではこれが社会の常識だと思って我慢していましたが、改めて思い返してみても異常だったと思います。笑

怒り方のパターンを楽しむ

パワハラ上司でも怒り方のパターンはいくつかあると思いますが、そのパターンを楽しんでみましょう!

おいTora!ちょっと来い!

はい!(また怒られるよー)

と、ここで萎縮してしまわずに、

今日はどんなパターンで来るのかな?

Bパターンかな?

今月まだ売れてないぞ!何やってんだこの給料泥棒が!

すみません!(今日は王道のパターンAだったか)

お前は本当に使えないな!今月売れなかったらクビだからな!

怒られているんですが「これはゲームだ」と思うと気持ちは楽になります。

ただ、ゲームに夢中になりすぎると

おい!話聞いてるのか!

と、さらに怒る可能性もあるので耳はしっかりと傾けておきましょうね。

自分が満足するだけ怒ったら終わるので、それまでゲームとして楽しんでおきましょう。笑

この人は「可哀想な人」と思ってあげる

相手が怒るという選択肢を取る時には「優位に立ちたい」「自分の思い通りにしたい」といった思いが働きます。

そんな時は、

怒ることしかできない可哀想な人だな

きっと家でも相手にされなくて寂しいから構ってほしいんだろうな

と、かなり上から目線で上司に接してみましょう!

こちらの受け止め方を変えると理不尽に怒られた時でも心へのダメージを減らすことができます。

上司の為に仕事をするのを辞める

え?それじゃあ怒られちゃうよ・・・

パワハラ上司のご機嫌を取る為に、言われたことをやり続けるのも一つの方法かもしれませんがオススメできません。

上司の顔色を常に伺いながら仕事をしても、上司が喜ぶような仕事をしても、どうせまた怒られるんです。

パワハラを平気でするような人間にはどんなにご機嫌を取っても無駄なんですよね。

頑張ればきっといつか認めてくれるはず・・・

そんな幻想は捨てましょう。

自分の心が消耗していくだけです。

そんな時間があるなら

・成果をあげる為に何をすべきか?

・自分の知識やスキルを高め、市場価値を高める為に何をすべきか?

を考えて実践した方が何倍も良いです。

そして、そんな時は心の中でこう叫びましょう。

お前の為に仕事してんじゃねーぞ!いいから黙ってろ!

別の道を用意しておく

自分にはこの会社しかない!しがみつかないと!

と思ってしまうととても辛いんですよね。

そんなパワハラが横行するような職場にいてもどんどん消耗していくだけなので、別の道を見つけておくことが重要です。

自分が思っている以上に素晴らしい会社はたくさんあるんです!

私自身も

「こんな思いをしてこんな少ない給料で割りに合わない!もっと稼ぎたい!」

と思い転職を決意しました。

不思議と転職活動をしている間は上司のパワハラが気にならなくなりました。

そのうち辞めるから何を言っても無駄さ!

このように逃げ道を用意しておくことで気持ちに余裕が生まれ、心へのダメージを減らすことができたのだと思います。

いつ辞めても良い!

この状態を保っておくことは非常に重要です。

転職に関してはこちらの記事もご覧ください!

証拠をかき集めて報告

いざという時の為にパワハラの証拠を集めておき、社内の部署に報告をします。

それでも改善がみられない場合は総合労働相談コーナーに相談をしてみましょう!(会社の住所を管轄している労働局、労働基準監督署で相談できます)

この証拠が手元にあると、

いつでも訴えることができるんだぜ!

と精神的にも楽になります。

パワハラ上司が変わってくれるなんてことは考えない方が良いです。

あなたが消耗してしまう前に行動に移しましょう。

もう辞めたい…と思うまでパワハラは我慢しなくて良い

あなたが会社にいる理由はなんですか?

上司のご機嫌を取る為ですか?

上司のご機嫌を取れば顧客に喜んでもらえますか?

違うはずです。

もう辞めたいと思うまでパワハラを我慢するのはあなたの仕事ではありません。

いつか上司が認めてくれる!なんてことは考えるだけ無駄です。

相手は変えることはできませんので、自分自身の考え方を変えるしかないんです。

人間関係で悩んでいる方はこちらの記事もご覧ください!

心が消耗しきってしまう前に動き出しましょう!

コメント