見た目が一番大事?メラビアンの法則について解説!

コミュニケーション

こんにちはToraです。

皆様、メラビアンの法則はご存知でしょうか?

なんか聞いたことあるな…

見た目が大事とか…

「イメージは第一印象で決まる!」「面接では笑顔と身だしなみが大事!」など、聞いたことがあると思いますが、これらは「メラビアンの法則」を元に言われています。

「人の見た目は9割」など、相手の第一印象を決めるにはメラビアンの法則を用いられる事が多いですが、本来の内容からは少しズレています。

この記事を読むことで

・メラビアンの法則について分かります

・もっと相手に伝わるようになります

メラビアンの法則とは?

アメリカの心理学者「アルバート・メラビアン」によって1971年に発表されました。


メラビアンの法則
  • 言語からの情報:7%
  • 聴覚からの情報:38%
  • 視覚からの情報:55%

他人とコミュニケーションを取るときは「言語」「聴覚」「視覚」の3つから判断しますが、その3つから得られる情報のうち、相手に与える影響力の割合を示しています。

「メラビアンの法則」は、「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」について、それぞれ矛盾した情報を発した際に、相手はどの情報を優先するのか?という条件下で実験をされました。

例えば、話の内容と声の質や話し方、態度に矛盾が生じていると相手はどのように受け取るのか?ということです。

今日はとても楽しいわ

こんな表情で言われても微妙ですよね。笑

第一印象を決めるには見た目が一番!ではなく、

それぞれにズレがあると「相手には伝わらない」「相手とのコミュニケーションが取りにくくなる」という訳です。

言語からの情報

言葉の意味や話の内容が与える影響は実は一番小さく7%しかありません。

話す内容が一番重要じゃないの…?

確かに話の内容も大事です。

ですが、それ以上に声のトーンや表情の方が相手に与える影響の方が大きいのです。

以前の私は相手と話す時の表情が固く、声のトーンも低く、更には声が小さかったので、

「え?何?」

とよく相手に言われていました。

そんな状態ではどんなに良い事を言ってもほとんど伝わらないですよね。

聴覚からの情報

話すスピードや声のトーンが与える影響は38%です。

ゆっくり話す、早口で話す、怒りながら話す、など話し方を変えるだけで同じ内容でも相手への伝わり方は大きく変わります。

同じ内容でプレゼンテーションを行った場合でも、抑揚をつけて話すのと、棒読みするのでは伝わり方は違いますよね。

視覚からの情報

視覚が与える影響が55%と一番高くなっています。

ここで注意すべきは、身だしなみだけ整えれば良い!ということではありません!

もちろんボサボサの頭でヨレヨレのスーツを着ている営業マンよりも、清潔感がありシワのないスーツを着ている営業マンの方が印象は良いので、身だしなみは大事です。

ですが視覚からの情報はその人の見た目だけではなく、表情やジェスチャーなども含まれるのです!

いくら身だしなみを整えても無表情でずっと話されていれば印象は悪いですよね。

メラビアンの法則からコミュニケーションをうまく取るには?

視覚、聴覚、言語とそれぞれが一致していないと相手にうまく伝わらず、コミュニケーションが取れないので、ズレが無いようにしないといけません。

表情を変える

無表情ですと相手にはうまく伝わりません。

もちろん話のシーンにもよりますが、それぞれにあった表情をする事が重要です。

基本となるのは笑顔です。

会話でもビジネスの場でも笑顔はとても重要です。

コミュニケーションが苦手な方はうまく笑えなかったり、自然な笑顔が難しかったりします。

鏡に向かって笑顔のトレーニングをしたり、お店でお会計が終わったときに「ありがとうございました」と笑顔で言う習慣をつけると良いです。

話し方を変える

棒読みや早口では相手にはうまく伝わりませんし、声のトーンでも相手に与える印象が変わります。

話すことに慣れていないと話すことに集中してしまい、つい早口になってしまうんですよね。

大事な言葉を少し声のトーンを上げる

一番伝えたいポイントは少し大きめな声で話す

いつもよりゆっくり丁寧に話す

ほんの少し意識するだけでも間違いなく変わります。

そして、これらを実践していくことで話し方に抑揚が生まれ、相手への伝わり方が格段にアップします。

話の内容を変える

7%だったら特に意識しなくて良いんじゃ…

メラビアンの法則ではそうかもしれませんが、話の内容はコミュニケーションの基本です!

例えば、笑顔で抑揚をつけて変なこと言っている人がいたら

こいつ大丈夫か…?

ってなりますよね。笑

正しい言葉で伝えられているか

話の流れは問題ないか

相手の意図する回答ができているか

話の内容も意識をした上で、表情や声のトーンなどを合わせていく、といったイメージを持つと良いかもしれません。

視覚・聴覚・言語 それぞれが一致していることが大事!

コメント